お菓子を作っていて、このサイトを運営するようになって、いろいろ考えたことを思いつくまま書いてみました。
知らない人は私が昔からお菓子作りが好きだった、得意だった、と思うでしょうが、実は年に数度しか作らず、しかもフルーツケーキとアイスボックスクッキーくらいしか作っていませんでした。
人にお菓子をプレゼントするようになって、キャロットケーキや、クリームチーズのパウンドケーキなども作るようになり、レシピを公開したいと思うようになり、サイトの公開になったわけです。

それからいろいろな種類のお菓子を作るようになりました。
このエッセイもどきの雑文はその時々の私の気持ちなので、今後シュークリームにチャレンジすることがあるかも知れません(笑)

お菓子を作る気持ち

私がお菓子を作る理由は、自分が食べたいな、と思うこともありますが、それ以上に「プレゼントして、食べた人に喜んでもらう為」だったりします。
自己満足じゃないか、と言われたら、その通り、と言うしかないですが。

でも作るのは手間です。
はっきりいって買った方が楽ですし、見栄えもいいです。
手作りならではの味わい、とでもいいますか、それが好きな人がお菓子を手作りするのだろうな、と。

ここに載せるレシピは基本的に「人に送る」ことを前提にしています。「人に贈る」ではないのがポイントです。
気持ち的には「贈る」ですが、実際には「送り」ます。

ですから、常温で何日も持つモノ、多少揺れても形が崩れないモノ、が基本です。
クリームたっぷりのショートケーキ、のようなものは当分は掲載しません。
クール便を使えばシュークリームくらいは可能ですが、その予定も今のところないです。その理由は「私が作れないから」という超個人的理由、だったりして。

そう、別に私はお菓子作りの名人でも何でもなく、普通かそれ以下です。
ふんわりスポンジケーキは難しいけれど、どっしりバターケーキ、しっかり焼けたクッキーは簡単なんですよ。

お菓子作りが苦手な人、手が出ない人の理由に「お菓子は材料をきっちり計らないといけないから」というものが少なくないです。
私自身、計量を含めた下準備が一番イヤです(笑)それが終わったら、出来たも同然、とはいきませんが、出来上がるまでの時間は決まってきます。

サイトの入り口へ