不定期日記
9月30日
久しぶりに、実に久しぶりにお菓子の試作をした。ずっと週末が空いてなくて・・・外出ばかりしてたから。
作ったのはさくらんぼう入りのパウンドケーキと、カボチャ入りのカップケーキ。
さくらんぼうは知り合いからドライフルーツをたくさん貰ったので。
キルシュワッサーに漬けておいたものを使う。
お酒を吸って膨らんでいるのが、また美味しそう。
アーモンドプードルを3分の1くらい混ぜたので、たぶんしっとり柔らかく焼きあがっているだろうな。
ブランデーやラムに漬けてもいいけど、せっかくさくらんぼうだからキルシュワッサーがいいかな、と思って。ラムに漬けるならやっぱりレーズン。
カボチャのは1.5センチ角に切ったものをレンジでチンして、ケーキの生地に混ぜた。でもそれだけだと淋しいので、薄切りカボチャを飾りに上に乗せてみたよ。
実は最初はパウンドケーキに仕上げるつもり、だったけど、カボチャの塊がカップケーキの方が食べた時にわかりやすいかな、と思って。
せっかくマッシュにしないで、塊のままにするし。
生地に混ぜるカボチャの量をもっと増やせばよかったかな。
バターがわりと入っているので、砂糖は少なくてもカボチャの甘みでいい感じに仕上がった。
3月28日
バレンタインデーに知り合いからお菓子を送ってもらった。
その中にちんすこうがあって。えっ、これって作れるの?
作り方を聞いたら、これが案外と簡単だし、材料も少ないのでまたびっくり。
でもなー、この砂糖の量はなんだーーーっ
ちんすこうってネットで調べたら「珍しいお菓子」という意味らしい。沖縄でも王侯貴族とか金持ちしか食べられなかった、とか。
昔は砂糖は貴重品だったもんね。
それでもしかしたらこんなに砂糖が多いのか? し、しかし、この量は犯罪だろう。
ということで、砂糖を減らす。
ショートニングも多いなあ、ということで、こちらは薄力粉を増やすことで調整。
パウンドケーキの基本が、砂糖もバターも卵も薄力粉も同量だとすれば、ちんすこうはショートニング:砂糖:薄力粉が1:1.5:2みたいな感じかな。
でも私のレシピだと1:0.8:2.4に(笑)
最初は砂糖を1のと0.6のを作ってみて、1は甘過ぎる、0.6だとちょっと淋しい。じゃあ、間を取って0.8にしよう、と(笑)
黒砂糖でも試してみて、一つのお菓子でこれだけ試作したのは珍しいかったかな。
途中までは驚くほど簡単だけど、形を作る時にちょっと困った。
ラードが見る間に固まっていく〜 これはラードのわりに薄力粉が多いせいも少しはあるが・・・
手で形が作れなくなっていくのでダイソーで買ったチョコレートの型に押し込んでみたり(笑)それでもいいけど、ボールを湯煎にかけたままにすれば問題はクリアであった。
そう、ラードが冷えるから固まるのであって、冷やさなければいいのである。
3月15日
あれ? 宅配がきた。別に何も頼んでないけれど。
と思ったら、クオカの当選商品だった。
クオカは購入した品物についての投稿ができて、人のを読むとけっこう参考になる。プリンカップのは、けっこう溶けてしまった、変形した、という意見もあったのでまずは試しに10個入りを買う、とかね。
で、私も意見を書いたら、それが当選してパスタソースが届いたのであった。当たるもんだねえ。
でもこれで今年のクジ運が終わったとしたら、かなり悲しいかも。当たるなら北海道.comのカニとか当たって欲しいもん。
さて、ホワイトデー用のお菓子を作ろう。14日を過ぎても私は細かいことには拘らないのであった。
定番で宇治金パウンドは絶対に(笑)
それとバレンタインに作ったチョコレートチーズケーキも作ろう。
そして、そして、今年こそは偽ハスカップジュエリーを作るのだ。去年から作ってみたくてね。
四角の型抜きがないので楕円のものを使う。
まずはクッキーを焼いて、それから中に挟むクリームを作ろう。
初めてバタークリームを作ったよ。イタリアンメレンゲも。
あれ? 案外簡単?
それにしてもバタークリームってカロリー高いだろうなあ。味は、もっといいバターで作ると(つーか、私はマーガリンで作ったしね)生クリームに負けないんだろうけど、カロリーだけはどうしようもないだろう。
これを外周に絞り、中にはジャム、そしてこれをもう一枚のクッキーで挟む。ここまでできたら、冷蔵庫で冷やして、と。
そうだ、これでバターサンドも作れるじゃん。ラムレーズンがあるから、これを入れよう。一年くらいつけてる濃いヤツ(笑)
ラムレーズンパウンドも焼き、ブラウニーも作った。
今年は何だか張り切っていろいろ作ってしまったよ。
チルドで送るところにはプリンも入れた。
プラスチックのカップでカスタードプリンを作る時には、やはりカラメルタブレットは重宝する。だって、熱々のカラメルは入れられないからね。

3月8日
クオカから頼んだ品物が届いた。
注文したのが日曜の夜遅くだから・・・うん、けっこう早い。
今回頼んだのは砂糖とプリンのカップの類とココアと豆と・・・やはりメインはプリンのカップ。
それからカラメルも購入。これは一粒ずつになっていて、プリンカップの底に入れてプリン液を注いで蒸し焼きしたらOK、というカラメル作りを省略できるモノ。
確かにカラメル作りは面倒だけど、私は実はプリン液を漉す方が面倒かも知れない。他のカラメルと違って、プリンの先に流し入れるタイプは簡単だから。
難しいのがアーモンドプラリネとか、かぼちゃプリンの上にかけるタイプ。
プラリネは固まらないと困るけど、それがあまりに早くてもアーモンドに絡まないから。
そして後からプリンにかけるヤツは、砂糖水のようにトロトロじゃダメだし、かといって固まってもダメ。とろーーーり、程度にするのは難しい。
このカラメルタブレット、自作できないかなあ。だってつまりはカラメルで、べっこう飴なんだし。
とりあえず、試作、試作。
アルミのプリンカップもだし、180度まで耐えるというプラスチックのカップも。これはフタ付きで、このままプレゼントもできるというヤツ。
タブレット、底よりも小さくて気になるので一個入りのと二個入りを試してみよう。
プラスチックカップが気になって、途中で温度を下げてみた。よしよし、カップも溶けてないし。
冷めるのを待って味見。
タブレット一個でいいみたい(笑)二個もカラメルたっぷりでいいけれど、タブレットの跡がくっきりだから。
それにしてもクオカのカップ、安い。
プラスチックのはオーブンによっては溶けたりするかも知れないけど、冷やすタイプのゼリーだったらOKだし。
これまで夏場、入れ物に困っていたんだよね。で、三個100円のもずくとか(笑)ヨーグルトを購入してカップを作っていたわけ。それでもフタまではないし。
フタ付きのは数年前に入手したヤツを中身を食べて洗って、大切に何度も使っているんだよね(爆)
まあ、手元にある限り洗って何度も使うのは当然だけど、人にあげやすくなった(笑)ダイソーでも見つけたんだけど、値段がぜんぜん違う。ダイソー、四個で100円だもん。しかも高熱に耐えない。
クオカのは10個で200円しないんだもんなあ。
3月1日
長いこと作っていなかったのに、一度作りすっかり気に入ってしまったカスタードプディング。
実は子供の頃はこの味が好きじゃなくてね。ハウスのプリンなんかは好きだったんだけど。何故だろう? 好みが変わったのかなあ。
カラメルが少々硬くても柔らかくても大丈夫なこともわかったし。
底に均等でなくても、蒸している時にたぶんカラメルが溶けて全体に行き渡るから。でも混ざらないのは重さの関係、なのかな? ま、いいや、難しいことは考えずにおこう。
これを作ると大きな欠点がある。
それは卵白が二個余ってしまうこと(苦笑)
卵黄だと納豆に混ぜるとか、ミルクセーキにしてもいいけど、卵白はちょっと困る。
マカロンを作るというのも一つの手であるが、今回私は別のことに使ってみた。
それはブラウニーに卵2個という時、卵白2個と全卵1個で卵全体の分量としては2個分ぽいかな、と(笑)
アーモンドプードルが半端に余っていたので、薄力粉をそれにしてみた。半々くらい、かな?
後は普通にブラウニー。
どんな感じになるかと思ったら、別にぜんぜん普通のブラウニーになった。
アーモンドプードルを使うと焼き上がりが柔らかいんだよね。冷めても硬くならない。その分、端っことかが崩れやすくはなるんだけど。柔らかいから。
でもほろほろっとした感じでこれはこれで美味しい。
これはブラウニーがクッキーとケーキの中間みたいな食感のお菓子だからOKなんだと思う。
2月4日
さてバレンタイン週間でチョコ関係の試作が続く。今回はチョコレートチーズケーキとホワイトチョコレートシフォン。
で、シフォンで卵黄が余るから、これでカスタードプリンを作ってみた。
チョコレートチーズケーキはベイクドチーズケーキにチョコレートを混ぜた、という感じで、作るのはとても簡単。生クリームを湯煎してチョコを溶かす分手間が増えただけで。
天板にお湯を張り、蒸し焼きにしたので見た目と食感はレアチーズケーキに近い。味は、というと、これが不思議や不思議。
チョコレートケーキの味、なのである。
チーズは言われたらチーズの味もするかな? 程度で。何とも表現しにくいんだけどヘンな味とか、不味いわけではなくて。
ホワイトチョコレートシフォンは卵白を4個使ったせいか、とてもふわふわに焼けた。
チョコレートシフォンと比べるとチョコレートの味は薄い。かといって、この分量でこれ以上のチョコレートを入れるのは抵抗がある。たくさん入れたからいい味、というものでもないし。
そしてカスタードプリン。
実は調理実習以来かなあ・・・作ったのは。
買って食べることはあるんだけどね。自分で作るのはゼラチンで作る方が好きだから。
これが、久しぶりに(何年ぶりかは聞かないように)作って食べたら案外と美味しくて。カラメルも、上にかけるとか、何かに絡めるのと違って、プリン型の下に入れてしまうのは簡単に作れる。
うん、卵黄が余った時にはいいかも。
2月1日
ブラウニーもいろいろ作ったけれど、ここらでいっちょ、しっかりしたブラウニーを作ってみようかな、と。しっかりといっても、私のレシピだからやはり手抜きっぽくはある。
これまでいろいろ作ったブラウニーは、ニンジン入れたり、ココアだけとか、卵なしとか、変化球がいろいろで、サイトに来てくれた人は「えっ、ブラウニーってこんなにいろいろあるの?」と驚いてくれるのが楽しくて。
でもバレンタインも近いことだし、ここらで正統派というか、多少カロリー忘れたブラウニーを作ってみようじゃないか、と。
どきどきしたよ。
バター100グラムにチョコレート60グラムなんだもん。でもやっぱり砂糖は減らしてしまって50グラム。薄力粉とココアを足しても90グラムだなんてーーっ
私のレシピとしては、どれも大盤振る舞いであるが、他の人のレシピと比べたら・・・
焼き上がり、粗熱が取れるのを待って端っこを味見。
ううーん、美味しい。
バターが多い分、しっとりしているなあ。うんうん、たまにはこーゆーのもいいよね。カロリー高いから、少しだけ美味しく食べよう(笑)
一昨日、念願だったヤフーから掲載メールが届いた。サイトを作った時からの夢で、目標だったんだよね。ヤフーに登録って。
今更ヤフーにこだわるの? と思う人もいるだろうけれど、やはりヤフーは一つの基準だし。
手作りお菓子のサイトはネットの世界にたくさんある。その中で、ある程度のレベルには達している、見る値打ちがある、と他人に認めてもらえたことだから。
よしっ、これからもますます頑張ろう。

1月21日
さて、いよいよバレンタイン用にお菓子の試作シーズンに突入。ドンドン、パフパフ〜
今日はチョコバナナクッキー、チョコプリン、チョコシフォン、チョコマカロンを作ることに。
プリンはシフォンケーキでどうしても卵黄が余ってくるからね。
実は昨夜、チョコバナナクッキーは作ってみたんだけど、これが失敗作だった。食べられないことはないけれど、美味しくない(苦笑)
バナナの味と匂いばかり強くて。色も薄いし。
ということで、ココアとチョコチップを加えて作り直すことに。チョコチップでカロリー増になるけれどバレンタイン用だし、普通のヤツよりは砂糖は少ないしね。
よしよし、ココアで色も美味しそうになったし、チョコチップで味もよくなった。
チョコプリン・・・これがまた最初は失敗してしまった。
チョコ味のプリン? 普通のプリンの味が薄くて(カラメルがないから)ちょっとチョコ風味、みたいな感じで。
ううう、これも作り直しだなあ。
先にチョコシフォンを焼こう。
卵白を混ぜるのが今ひとつだったのか、焼く温度と時間の関係か、中のわりに外が硬くなったかな。でもココア味だから外側は仕方ないのかも。
泡立てた生クリームを添えて写真撮影。撮影が終わったらもちろん食べる(笑)
チョコマカロンは成功。うん、美味しい。いかん、いかん、味見を超えて食べてしまうよ。
そう、お菓子の試作すると味見でおなか一杯になるのも困りものなんだけど、特に今回のようにチョコだとカロリーがとても心配。
作り直したチョコプリン。うん、これだとチョコの味がしっかりして美味しいぞ。あっ、ダメだっ、こんなにパクパク食べたら〜
透明なグラスに作って、焼いている間に割れないかちょっと心配だったけど厚いグラスだったから。
まだまだチョコのお菓子の試作は続く。ううっ、一週間後の体重が怖いぞ。
1月17日
本当に久しぶりの更新。
いや、マジにこんなに間が開いたのはサイト開設以来初めてなんだよね。もう更新ないんじゃないかと思った人がいたらごめんなさい。
サイト運営に飽きたわけじゃないので。単純に時間の問題だったから。
お菓子の試作も最近してないな。
今年になってからは外出が多かったのと、年末年始の暴飲暴食と先週連休の大阪行きで体重がどーーんと増加してしまって・・・
試作したいものの、試作すると味見してしまうじゃないかあっと。
多少ダイエットをして、体重はどうにか戻したものの、脂肪率が戻らないっ。これは短期間だから仕方ないか・・・
ということで、ぼちぼちと更新ペースと試作ペースを戻していきたいな、と思ってます。
作りたいお菓子はいろいろあるし。
作らない間にもハンズなどで材料は買い込んでいたりしてね。アーモンドプードルとスライスアーモンドはどっさりある(笑)
あと、全粒粉とか、オートミールなども。
そうそう、どこかで安いチョコを買ってこないといけない。ココアは買い置きが冷凍庫にあるからいいけれど。
ダイソーでいいかな(笑)ただ表示を見て、準チョコだと溶けないからダメなんだよね。個人的には準チョコは好き(笑)駄菓子屋のクジで使われているのは準チョコなのだ。夏でも溶けないあたりが便利。
チョコとココアを使った、こってり甘いブラウニーなんかもバレンタインにいいかな。自分で食べるのはアレなんだけどね。なんたってカロリーが高い(苦笑)


11月30日
毎年のことながら、この時期は余裕がなくて。お菓子の試作もなかなかできないし、普通に作るのも。
困った時のベイクドチーズケーキ状態になってしまう。いや、マジに。それか宇治金パウンドかな?
「よく作るお菓子」と「作ってみたい・知りたいお菓子」が気が付くと決めた日数が終わってリセットしてた〜
これが案外と短いような気がするので、次はもっと伸ばして、半年か一年サイクルくらいかな?
なかなか難しいところがあって。
というのはやはり時期によって作るお菓子の種類も違ってくるから。
夏は涼しげなお菓子が多くなるし、二月前はやはりチョコかなあ、と。私もそうなるし。
冬は甘酒(笑)これは私だけ?(笑)
「よく作るお菓子」は他の人の参考になるから、ほんと、できるだけ協力してもらえるとうれしい。
一時シフォンケーキに燃えて、焼き型によってどんな違いがあるのか、二個焼いて味見してもらったこともあったっけ。
今のバタバタが終わったら、またシフォンケーキにもいろいろ挑戦してみたい。紅茶のは成功したけど、抹茶のは今ひとつだったからレシピとして載せられていないし。
チーズとかブルーベリーのシフォンケーキなんかも作りたいし、ティラミスも。
クッキーもせっかく可愛い型を買ったから、ローカロリータイプなのを作ってみたい。
年内に150は無理だけど、来年になったらまたどんどん試作してレシピをUPするので、しばらく見捨てずに待っててね。
バレンタイン用にチョコを使ったお菓子かな、次は。
10月8日
先週、ニンジン入りのパウンドケーキを作って、しかもバターとか砂糖抜きにチャレンジしてみて。
お菓子というよりもブレッド、かな? パンやマフィンのように朝食に使えたらな、と思って。だから砂糖抜き、と。
暑いうちはよかったんだけど、冷めたらなんだかべっとりした感じになって(しっとりとかずっしりではなく)これは失敗だなあ、と。
で、今日はバナナを使い、バターなんかも入れて普通のカップケーキに。
バナナケーキと似ているけれど、ニンジン入りでクルミも入れてみた。これは焼きたても美味しかったし冷めても美味しくできた。よしよし。
それからさつまいもでババロアを作った。カボチャでもいいんだけどね。うちにあったのがさつまいもだったから〜
去年の簡単ムースではなく、卵黄に砂糖を混ぜたものに泡立てた生クリームを加えるちょい手間をかけたやつ。
美味しいのは美味しいものの、ううーん、手抜きのやつとあまり味の差がない、ような気もする(苦笑)いや、きっとさつまいもだからだろう。
なんていうか・・・冷たいスィートポテトみたいな?(笑)卵黄が入っているから、かな。
卵白が余るのでこれでマカロンを作ってみた。
ココナツパウダーがなかったので、ロングココナツオリジナルバージョンに。ぴょこぴょこココナツが覗くのも可愛い、ということで。
ココナツの、なんていうか、素っ気ない味が何ともいえずにいいなあ。味見のつもりなのに、ついつい手が(苦笑)
9月10日
さあ、今日こそたくさんお菓子を作ろう。
先月友人にお菓子を送るからね、と約束をして、そのままだったのが気になっていて。でも8月はとにかく忙しくてお菓子どころじゃなかったから。
んーと、まずは宇治金パウンドかな(笑)
紙の焼き型の買い置きが切れている・・・テフロンの型は大きいパウンド型しかなくて。困ったなあ。
試作なら大きいので焼いてしまってもいいけど、人に送るから。やはり1本丸のままで送りたい。でも一応味見もして確認もしたい(苦笑)
それと半分ずつでも種類がたくさんあるから、別の人にもオヤツに送りたいしね(笑)
仕方ない。卵が大きいからバター以外をちょっとずつ増やして、高さの低めのパウンドケーキにしよう。それで2本ずつ焼こう。
ジャム入りヨーグルトケーキとバナナケーキも焼く。カボチャもあるからカボチャのケーキも。
それから試作をしたかった卵なしのゴマクッキーの生地を作った。冷蔵庫で休ませて、と。これは生地を馴染ませる、という理由もあるんだろうけど、それよりも作りたてはバターが溶けて形にできないんだもん。
焼いて味見。おおっ、美味しい。ゴマのプチプチが何ともいえない。
というので、急に思い立ってココアとチョコチップを混ぜてチョコクッキーも試作。こっちもいける。
最後にはやはりベイクドチーズケーキだろう、ということで、スクエア型で焼く。
これって丸型で焼くよりいいかも知れない。端っこを切って味見したけど、モスバーガーのデザートのよりも美味しいし。
9月3日
久しぶりにお菓子の試作をしてみた。
7月、8月と全部土曜日が詰まっていて・・・
久しぶりだとなんていうか手順がヘタになったような気がする。勢い、みたいなものも(苦笑)
最初、カボチャのババロアを作る予定だったけど、カボチャがもうカビていた。ガーン・・・夏場は足が早い・・・
じゃあ、何を作ろうか、ということでキャラメルゼリーを作ってみることに。
これは砂糖を煮てカラメルを作り、それを牛乳で伸ばす。
ポイントはカラメルの香ばしさ、かな。
これがなかなか難しい。
いや、実はそうでもなかったんだけど、私が欲張って飾り用のスライスアーモンドのアメ掛けを一緒に作ろうとしたので、余熱で焦げてしまっただけで。
ゼリーだけを目指すのなら、普通のカスタードプディング用のカラメル作りよりもうんと簡単。
茶色くなり始めたら火から下ろして牛乳を入れるだけだもん。素早く。
ジュッと音がしてカラメルが固まってアメになってしまうけど、気にしない、気にしない。これは簡単に溶けるので。
ゼラチン入りの温かい牛乳も入れて溶かし、型に入れて冷やす。
うん、ただの牛乳ゼリーと比べて香ばしさが何ともいえずに美味しくできた。
6月14日
午前中に買い物に行く。
スライスアーモンドってやはりこの近くだとお菓子コーナーのあの小さいヤツしかないのか・・・高いんだよね、あれ。
つーか、まだ開けてない100gのがあるし、使いかけもあるからそれで足りると思っていたら、それじゃ足りないくらいに使うのであった。
飴をどのくらい煮詰めたらいいのかわからない(苦笑)
カラメルなら何度か作ったんだけど。
これは生クリームやバターも入っているから、カラメルほど早くは固まらないんだよね。んー、雰囲気としてはミルクキャラメルみたいな感じになってきた。
たまに箸の先につけたヤツを水に入れて、固まるかをチェック。ころんとなって底に沈んだから、そろそろいいことにしようか。
遅くなるとアーモンドが混ざらなくなるから。
えいやっとアーモンドを入れて混ぜ、それをタルト台の上に乗せる。それからヘラで平らにして・・・
200度のオーブンで軽く焼く・・・んだけど、鍋での煮詰め方が足りなかったのか、なかなか茶色くならない。お、ようやく美味しそうな色になったぞ。
完全に冷めると切れなくなるから、まだ温かいうちに・・・切ったら少し早かったらしい。さわってもペタペタしなくなってからでよかったのか。
ま、生地が少し割れたけど味には関係ないし。うん、美味しいじゃん。
タルト台だけ食べると砂糖をケチっただけあって味がしない(笑)でもフロランタンが完成するとこれでもぜんぜん平気。
飴の部分はカロリーダウンすると飴にならないので仕方ないけど、タルト台は可能である。
6月13日
しばらく土曜日の試作ができないので、今日やることに(笑)
ホワイトデーのお菓子をまだ送っていなかったしね。ずっと気になっていたから。
よし、今日は作るぞー、とまずはベイクドチーズケーキ(笑)混ぜて焼くだけ、なんだもん。
それから新作としてオレンジカップケーキ。
そして初めて知ったこと。コアントローって商品名だったのか・・・よく材料のところに「コアントロー」って書いてあるから、てっきり酒の種類だと思ってたんだよね。「ラム」とか「ブランデー」とかみたいに。
「グランマニエ」と「オレンジキュラソー」の関係は? と思ってネットで調べてみたら、実は「オレンジキュラソー」の有名銘柄が「グランマニエ」だった(笑)
そして無色の「ホワイトキュラソー」の有名銘柄が「コアントロー」と。どちらかあれば代用できる。
冷凍保存してあった生地でスノーボール。
冷たいお菓子も入れたいな、とチョコムース。
もう部屋の中が甘い香りで一杯。胸が悪くなりそう(苦笑)
本当は偽ハスカップジュエリーにチャレンジしたかったけれど、クッキー台もだし、中身の試作をまったくしてないから、今回は見送りにして、代わりにフロランタンに挑戦。クッキー台は似たような感じだし。
上のフロランタン(もともとは飴菓子、という意味らしい)を作ろうと思ったら、大量にアーモンドスライスが必要で、今100gしかないっ。仕方ない、明日買い物して続きだあっ
6月9日
ここのところ土曜日が潰れてしまって、お菓子の試作がなかなかできない。
別に平日にできないわけじゃないけれど、土曜日はお菓子の試作の日、みたいな気分になっているし。
それと日曜のオケと連動していないのも・・・試作したお菓子は味見して、残りは練習に持参して配っているから。
食べたくないわけじゃないけどカロリーが心配だもん。とてもじゃないが、全部は食べられない。
とうとうランキングシステムがリセットされた。
これは自分で日数が決められて、何日にするか、迷ってはいたんだよね。で、なんとなく100日にしてた。
無限に近くすることもできたけど、そうすると途中からの挽回がなくなるし・・・いや、挽回する必要はない、ともいえるんだけど。
一応累積とか、前回順位も出るから、参考にはできるし。
ハウスのプリン、みたいなのを作りたい。でも生クリームはカロリー高くなるからなあ。美味しいとは思うんだけど。
卵黄は入れないわけにいかないけれど、そうすると卵白が余る・・・シフォンケーキの卵白減らしバージョンでも作ってみようか。
夏は涼しいお菓子、ということで牛乳かんを作ってみた。懐かしいなあ、これ。
中学生の頃よく作った(苦笑)でも素朴に美味しいからいいことにする。
5月14日
作ってみたい・知りたいお菓子の中で豆乳クッキーがいきなり票を伸ばしてきた。ま、それはいい。
でも豆乳クッキーはダイエットにいい、と思っているのは何か違うなあ、と思う。
豆乳クッキーを食べたらダイエットできる、のではなくて、それを夕飯がわりにして、つまりは夕飯を抜くから摂取カロリーが減る、というだけなんだけど。別に豆乳クッキーでなくても、似たようなダイエットはたくさんある。
まあ、その中で豆乳クッキーは確かに安い。それは認めよう。私も何度買ってみようと思ったことか(爆)
痩せなかったら返金する、と書いてあるし。
でもなー、きっとこれって返金の条件が厳しいに違いないぞ。というか、本当に夕飯をこれにして、枚数守って、その分朝や昼に高カロリーのものを食べまくるとか、オヤツとか夜食抜いてないと戻してもらえない、ような・・・
つーか、普通投票するなら「おからクッキー」だと思うんだよね。
粉末豆乳も探せばあるだろうけど、あまり一般的じゃないもん。
でも作りたい、知りたい人がいるわけだから、豆乳入りクッキーを作ってみた(笑)
正しくは豆乳入りおからクッキーね。それからおからのパウンドケーキ。
おからのパウンドケーキはおからの分しっとりして、なかなかの味になった。
先におからの水分を飛ばしたのでおから臭さもないし。黙って出したら、薄力粉とおからと半々だとはわからないと思う。
4月20日
抹茶のシフォンケーキを焼いてみた。
明日、友人宅に泊りがけで遊びに行くことにしていて、一緒に行く友人からのリクエストだったから。私も作って見たかったし。
アルミの型で焼く(笑)
うーん、型に生地を入れたらかなり少ない気がする。
プレーンのシフォンケーキでもこんなに少なくはなかった。
抹茶のせい? それともメレンゲを混ぜる時に失敗したのかなあ。
もちろん焼き上がりも前よりも高さが出ない。
シフォンケーキとしてはちょっと寂しい。うーむ、卵三個でこの型はダメなのかなあ。ダメ、というわけじゃないか。
冷めてからちょっと切って味見する。お土産なのに切れ目を入れていいのか、と思わないでもないが、気を使わないでいい仲だし〜
これがパウンドケーキなら同時に二本焼き、1本を切って味見ができるんだけど。シフォンはオーブンに一個しか入らないから。
ちょっとあっさりしているような気がする。抹茶をもう少し増やして、砂糖ももう少し足したらいいかも。
7分立てした生クリームと茹で小豆の缶詰も一緒に持っていく。抹茶には小豆だし、シフォンには生クリーム、ということで。
うん、添えるものがあるとあっさり味でもいい感じ。
とにかく抹茶シフォンはもう一度挑戦。メレンゲは丁寧に混ぜようっと。

4月16日
アルミのシフォン型でもプレーンシフォンを焼いてみた。
あまりに焼き上がりが違うとアレだし。アレって何だ(笑)
というか、バナナシフォンの生地があんなに多いのに、焼きあがってみると特別に多かったとは感じなかったので、もしかしたら全体的に生地の量を多くしたらいいのかなあ、と考えたりもして。
なんせ15センチと15.5センチの型の底面積の大きさが1.5センチも違うのである。型の上となると2センチも。
私としては、差は0.5ミリだから別に問題はないだろう、と思ったわけで。
その分、真ん中の筒の太さも違うけど、これはなんだかせいぜい0.7ミリ、という感じ。
つまり、どう考えてもテフロンの方が小さいのである。
別に個人的にはかまわないけれど、これからここにレシピを紹介していくのに、あまりに差があると困る。
みんなが持っている型が底辺が15センチなのか、上が15センチなのか・・・つーか、本当はどちらが正しいのだろうか。少しならともかく、ここまで違うと困る。
簡単に面積を計算してみたら、かなりの差が出た。
でも問題は焼き上がりだあっ、ということでもう一度テフロンでもプレーンを焼いてみた。
二つを並べてみれば大きさの違いもよくわかるだろう。焼き上がりの柔らかさなんかも。
・・・ということで二つを比べてみると、テフロンの方が高さがある。当然といえば当然。
うーん、シフォンケーキは高さがあるものである、という認識からすると、テフロンの方がシフォンらしい。
それになんといっても型を洗うのが楽〜(笑)アルミは水につけておいてもこびりついたケーキが剥がれず、ガシガシと洗わないといけない。
テフロンなんか撫でるだけで落ちる、という感じだった。
もちろん冷ましている間、ケーキが落ちる気配などない。

4月10日
先週末にはブルーベリーシフォンとバナナシフォンを作ってみた。
ブルーベリーのはジャムと実を使ってみて、味はよかったけれど予想通り、ブルーベリーが沈んでしまった。まあ、仕方ないんだろうな、これは。
そしてブルーベリーの紫も案外とケーキには出ない。ムースとかならもう少し鮮やかなんだろうか? それとも売ってるケーキが紫なのは色粉とか使っているのかな。
バナナシフォンはバナナをしっかり入れたせいか、生地の量が多くて、型の9割5分くらいに(苦笑)
焼いている間はかなり膨れて、冷ましている間に型くらいの高さに落ち着いた。かなりのふわふわ。
卵白を4個にしてみたんだよね。それもあるかな。
美味しい、美味しい。バナナ味が濃い。このくらいバナナの味がする方がバナナのケーキらしくていい。
砂糖を少し入れて泡立てた生クリームと、生バナナも添えてみる。うーん、リッチじゃん。
最近シフォンばかりなのでパウンドケーキも焼いてみた。
ジャムを使ったケーキ、ということで・・・ちょうどリンゴジャムを貰っていたのでそれを使ってみる。
ヨーグルトも入れてみよう。ただ甘いケーキじゃつまらないし。
どのくらい砂糖を減らせばいいか悩む。ジャムそのものの甘さにもよると思うし。
ま、実験、実験。試作だから失敗したら分量を変えればいいもん。
お、なかなかいいかも。
ヨーグルト入りだからしっとりしている。ほんのり酸味もある。その中でリンゴジャムの香り、みたいな?
他のジャムでも美味しくできるかなあ。
抹茶シフォンも作りたい。

4月4日
結局はアルミの型も買ってみた。それにしても高い。人の足元をみた値段ってあーゆーの?(苦笑)
テフロンのが15センチ、アルミのが15.5センチ、のはずなんだけど、底はアルミの方がどう見ても大きい。一瞬、間違えて17センチのを買ってしまったのかと思うくらいに。
・・・それぞれを計ってみた。
そうするとテフロンは上が15センチ、そしてアルミは底が15.5センチだったのである。
シフォンケーキの型は洗面器型で底面の方が若干小さい。
つまり、テフロンの底面は13センチだし、アルミの上は17センチあるのだ。ううーん、これは何だっ
確かにどちらもそれぞれ表示の大きさではあったが、こんな罠があるとはっ
これってよくあるレシピはどちらなんだろうか?
考えてみたらパウンド型も台形なのである。これももしかしたら型によってはどちらで計ってあるのか差があるのかも。
パウンド型は一度に複数本焼く為にもいくつも持っている。
で、シフォンケーキは一度に一個しかオーブンに入らないけれど、続けて焼くには型が二個あってもいいかなあ、と。
アルミのでも焼いてみた。焼いた雰囲気はいい。が、当然のごとくケーキの大きさが違うのである。
真ん中の空洞がアルミの方が大きいので、ケーキの高さは同じなんだけど、回りの大きさは明らかに違うんだなあ。
真ん中の筒が太くて高いので、ケーキが焼きあがった時に型の方が高さがある。これは冷やす時はそのままひっくり返せばいいから楽。しかも太いから安定感もある(笑)
そして二つはしっかりと重ねられてしまうのだ。アルミの中にテフロンがすっぽりで型を片付けておくのには便利かも←負け惜しみもあるらしい
ついでにケーキを型からはがすようのヘラみたいなものも購入。細いから小さい型にはこのくらいの方がいいと思う。真ん中部分もキレイにはがせた。

4月1日
買い物に行く。
ダイソーで陶器のタルト皿やココットを買う。これで焼いて、特に型から出さないタルトもありかなあ、と。
それからムースなんかを盛り付けるのによさそうなカクテルグラスも購入。一個100円だもんね。
透明だから中もよく見えるし、写真写りもよさそう。
タルトやパイを焼く時の重石になる石、普通に買うと高いんだよね。うーん、何かで代用できないかな。
つまりは高温に耐えられて、小さくて、重たいものがいいわけだ。
ダイソーをうろうろしていると、硝子の飾りがあった。ビー玉を押しつぶしたような形。
うん、これを試しに使ってみよう。
常温で使うように、と書いてあるが、ガラスはもともと焼いて作るものだし、また溶けるほどの高温にはならないから。
売ってる重石だって、クッキングペーパーを敷いてから乗せるように書いてあるんだし。実験、実験。
いよいよ初めてシフォンケーキを焼く。
生地を作る肯定は、部分的にはガトーショコラなんかと似てる。
うまく膨らむかなあ・・・
結果、一応は膨らんだ。ちょっといびつだけど、手作りということで。
ドキドキしながら切り分けて味見する。うん、甘さはこんなものだろう。7分立てくらいの生クリームを添えたらいい感じかな。
それにしても、うん、ふわふわだあ。
スポンジケーキ焼いても、ここまでふわふわだったことがならいに中はふわふわになった。
シフォンケーキってこんなにふわふわだっけ? と思うくらいに。

3月29日
しばらく外出続きでお菓子の試作はできなかったけれど、いろいろ考えることは考えていて。
型も買った。
小さい底の抜けるタルト型を旅先のダイソーで発見(笑)
ダイソーの本場東広島でも見かけたことがなかった、小さなパウンド型も購入。このパウンド型はプレゼント用として使おう。紙の型の小さなやつは本当に小さいけど、このくらいの大きさならパウンドケーキっぽいし。
ダイソーという名前でも、たぶんノウハウがダイソーで全部の商品が同じ仕入れではないと思う。そのくらい、ダイソーによって品揃えが違うから。
近所のダイソーはどこもだいたい同じ商品がある。
それからスーパーでクッキーの型を買った。乗り物シリーズで初めてみたからついつい(笑)
クッキーの型は持っているけれど、こんな風に筋目の入っているヤツじゃないから。これはきっとうまく形になったら楽しいだろうな。
さて、投票システムだけど、見ていると楽しい。
よく作るお菓子はスノーボールとベイクドチーズケーキと紅茶のパウンドケーキが抜きつ抜かれつ、みたいな感じて(笑)
紅茶のパウンドケーキの人気には私がびっくりだったな。確かに簡単ではあるし、美味しいけれど。
作ってみたいお菓子は、まずはタルトとシフォンケーキを作りたい。夏向けにティラミスもいいなあ。
タルト用の重しの石を買わないと。何か他のもので代用できたらいいと思う。
簡単なのが、同じ大きさの型を乗せて、そこにそれこそ小石でも乗せちゃう方法。これでうまくいくかはわからないけど(笑)

3月14日
本当は先週の金曜、土曜にばーんとお菓子の試作をする予定だった。作りたいお菓子、たくさんあった。
試作とは別にホワイトデーのお返し用のお菓子も作るつもりで、型とか材料も買ってあったんだし。
それがパソ引越しのトラブルで三日もつぶれてしまって。
時間もだけど、気持ちの余裕がまったくなくて、食欲もなかった。
幸い、元のパソのデータがダメになるとか、起動できなくなる、というのは避けられたけれど、元パソでのアクセスは不可能になった。
どうにかカードを使って手動で最低限必要なものを引越しさせて、新しいパソでのアクセス、巡回、更新などが可能になって。
前のパソではIEが5.01くらいで、今度は6になった。
そうしたら・・・ううっ、こんなに見え方が違う? けっこうショックだった。
前に「メニューの文字が小さくて見づらいです」みたいな感想があって、確かに大きくはないけれど、これ以上大きくしたらメニュー幅を超えて文字が折り返すようになるから、と思っていたんだよね。
IEの5だと、メニューの幅ギリギリだったから。
それがIEの6で見ると、ものすごく小さくて余白が一杯。
TOPページのリンクメニューもすごく小さい。びっくりしたなあ。
で、それらを直してみた。
それから材料やQ&Aなどのページの文字も大きくしてみる。
どうだろうか? これで少しは見やすくなったかな。
少しずつ、レシピページのお菓子のコメント文字も大きくしたい。レシピそのものは14ピクセルにしてあったからいいけれど。

3月7日
友人のところに遊びにいくので、手土産にケーキを焼いた。
何にしようかな、と迷っていて、私も「よく作るお菓子」投票を参考に(笑)いやあ、役立つ投票だ。
そうか、紅茶のパウンドケーキが人気があるのか、と。
前回の土産がバナナチョコカップケーキで、その前がベイクドチーズケーキと宇治金パウンドだったから、今回は何にしようか、と迷っていて。
もう1本はクリームチーズのパウンドケーキに。これは先週オヤツにベイクドチーズケーキを焼いた残りのクリームチーズがあったから。
ほんと、どんどん混ぜるだけでいいベイクドチーズケーキは簡単で好き(笑)毎週作ってもいいや、という感じ。
日曜にクッキーの型と一緒にタルト型も買った。
ますは偽ハスカップジュエリーの土台を焼かないと。これはタルト型と同じ生地でいいから。
タルト型は小さいヤツ。
大きなパイ皿みたいなのも欲しかったけれど高かったから(笑)小さなヤツは1個94円だったもん。4個買ってみた。
調子よかったら、もう4個くらい買ってもいいかな。1度にたくさん焼けるし。
テフロンのが欲しかったけれど、小さいのがなかった。まあ、バターを塗ればいいか。溶かしバターにして刷毛で塗ると早そうだし。タルト型はなみなみしているから、パウンド型のようには簡単に塗れないし。

ちょっと前の日記
サイトの入り口へ