必要な道具
あると便利な道具

その使い方

必要な道具
ボール
ステンレスのものとガラスのものがあります。ステンレスは火にかけられるところが便利ですが、ガラスの方が綺麗に洗えた気分になるので私はガラスのを使っています。大きさはいろいろあった方がいいですね。
泡だて器
バターを練ったり、バナナを潰したりするのには、製菓用の高いヤツより、100円の方が私は使いやすかったりします(苦笑)高い方は泡立てた卵に粉類を混ぜる時には大きくて早いので、用途別に使い分けています。
ゴムベラ
ヘラと柄が離れるタイプは洗う時にも外しましょう。一体型の方が衛生的ですが高いです。
粉ふるい
ガシャガシャ、とも呼ぶ(私だけ?)半自動タイプと、こし器タイプがあります。全自動もありますが、お菓子屋さんでもないので、そこまでは持っていません。粉や砂糖をふるいます。
キッチンスケール
バネ計りでもいいけれど、デジタルのがお勧めです。容器を乗せてからゼロにできるので、足し算をしなくていいんですよ。計算が苦手な私にはありがたいです。どんどん足していく時には、何度もゼロにして使います。
キッチンペーパー
クッキングシートの方がわかりやすいでしょうか。私は「リード」が使いやすくて好きです。クッキーを焼く時天板に敷いたり、空き缶に十字に切って敷くとケーキの焼き型になったり大活躍。
オーブン
機種によっていろいろクセがあるので、○○度で○○分、と書いてあっても目安くらいに考えましょう。たくさん焼けば、その分時間はかかるものだし、型の大きさによっても違います。どんどん焼いて慣れるしかありません。買い替えた時には、新しいものはうれしかったけれど、使い慣れるまでちょっと泣きました。
ビニール袋・ラップ
できあがった菓子を包んだり、作っている途中にも使います。ビニール袋はいろいろな大きさのものがあると便利かも。
計量カップ・スプーン
カップは200cc、スプーンは大匙が15cc、小匙が5ccです。でも実際はわりと目分量、だったり・・・

あると便利な道具
カード
クラッカーを作る時にバターを刻んだり、生地を型に入れた時に表面をならしたりします。
ハンドミキサー
電動泡だて器様です。泡立てはもちろん、バターを練るのも早い、早い。練るのは泡だて器でもやりますが、泡立ては最早これでないと私はできません。バターに卵を入れて分離しそうな時など、ハンドミキサーの力技があればどうにかなります。
めん棒
クッキーの生地などを伸ばす時に使います。ラップなどに挟んで伸ばすと、めん棒が汚れなくていいですよ。
ケーキクーラー
焼きあがったお菓子をこの上で冷ますとよいらしいです。熱が下にこもらないから、だそうで。オーブンにたいてい附属品として付いています。
茶こし
粉砂糖を飾りに振り掛けたり、ココアをふるう時に使います。
ハケ
ケーキに酒を塗ったり、焼く前に卵の黄味を塗ったりしますが、面倒な時は指で代用する私・・・
フライ返し
クッキーを天板から取り出す時に使います。
クッキーの型
いろいろあると楽しいです。
ケーキの型
紙の型や金属の型などいろいろあります。自作も可能です。

オーブンやキッチンスケールなど一部のものは無理ですが、たいていのものが100円均一で買えます。十分に使えます。実際ばんばん使っています。

それでも少しきちんとしたものが欲しい時、100均で気に入ったものがない時(プリン型やケーキ型はどうしても質や形がいいのがない)はクオカ をお勧めします。
手にとって確かめることはできないけれど、肌触りが重要なものではないし、材質や大きさは明記してあり、写真もあるので雰囲気は十分にわかるし、何より値段がお買い得なんです。

買いたいものをメモして、広島市内の店で確かめたら、ことごとくクオカが安くて(苦笑)
送料も地域や重さではなく、買った品物の値段で変わってくるので、遠くの人ほどお得感があるかも。代引きの手数料もかかりません。
買い物に出る交通費、駐車場料金などと比べたら送料の方が安くなりました。



その使い方
泡だて器
何を混ぜる時でも水気はきちんと切りましょう。特に卵白は他のモノをとても嫌います。ボールも同様で、卵黄やバターはそれぞれと、プラス卵白を泡立てたものを洗わずに使うのも可ですが、卵白は洗って水気を取ったものでないと泡立ちません。
ゴムベラ
「さっくり混ぜる」と言われてもよくわからないと思います。実は私もよくわかっていません。本によって書いてある混ぜ方が違っていたりも。
私としてはボールの中身を「切る」雰囲気でヘラを使います。もう片方の手でボールを回転させ、適度なところでボールの周囲にへばりついている生地をはがすようにして(おそらく粉が回りに残っている)同じように切っていきます。なるべく短時間で、練り混ぜないように心がければ細かいことは気にせずに。型に生地を入れる時は、角までヘラを使ってきっちり詰めましょう。
粉ふるい
できるだけ高い位置(といっても20センチくらい)からふるうと空気がよく混ざっていいそうです。2回ふるうといいそうですが、面倒なので1回ですませることがほとんどだったりして・・・ガシャガシャは滅多に洗いません。乾かすのが大変なので。
上白糖もふるうといいらしいですが、面倒なのでふるいません。塊は適当に解します。黒砂糖、三温糖などの塊は本当にくだけも溶けもしないので、これはふるいますが。
ココアは茶こしかふるいを使います。何故かというと、ココアが中にへばりつき、その後しばらくふるった粉に茶が混じります。白いお菓子を焼きたい時に困りますので。
キッチンペーパー
クッキーを焼く時に天板に敷きます。あまりよくないことですが、もったいないので何度も使います。焼き型の中に敷いた時も同様に何度も使います・・・なんたって100度を越えるオーブンの中で使うのですから、雑菌は死滅するはずです。
ハンドミキサー
基本的に使い方は泡だて器と同じです。なかなか均等に混ぜられないので、たまに止めてボールの縁の方についたものを落とすようにして、均等に混ぜていきましょう。
フライ返し
焼けたばかりのクッキーは熱いし、崩れ易いので、これでそっとはがすように取り、ケーキクーラーなどの上で冷まします。紙の上でもかまいません。余分な脂をよく吸ってくれます。



サイトの入り口へ